FC2ブログ

沖縄市の外壁塗装・防水工事

梅雨明け間近かもですね~



今回の梅雨はよく降りましたね~!
ネット上では浸水の影響で動けなくなったパトカーが
話題になってましたね。

あちこち土砂災害もあったようですが、
人命に関わるようなことは事故はなかったようで
本当良かったです。

その梅雨もそろそろ明けそうな予感♪


以前は「ハーリーが終われば梅雨も終わる」
と言われてましたが、
年々ズレていってる気がするのは
私だけでしょうか…?



さて前回お伝えしていた、
沖縄市の塗装工事の続きを…

バッチリに下地作りを終えた後、
いよいよシーラー吹き付け(塗装下塗り)です。
1546867013483_convert_20190611185422.jpg
今回もシリコン塗装♪
シリコン塗料自体密着は強いのですが、
このシーラーをしっかり塗っておけば、
さらに強いものとなります!




わかりにくい画像ですが、
修繕跡はツブツブ模様が無くなってしまいますので
その模様合わせです。
20181126185516_convert_20190611185435.jpg
そういえばこの「ラフトン」と呼ばれる
カベにあるツブツブ模様、なんのためにあると思います?
デザイン?流行り?
いえいえ違います。

このように表面に凹凸を付ける事によって
その上から塗るペンキに厚みが付きやすくなるんです!

ペンキに厚みが付くと言うことは、
耐久性が上がると言うこと。

見た目もキレイになり耐久性も上がる!
一石二鳥ですね♪





そのラフトンが完全硬化したらペンキを塗っていきます。
20181126185834_convert_20190611185448.jpg
手塗りで厚く塗っていきます♪


機械吹き付けの2回塗りで仕上げたカベと
手塗りローラー塗りで2回塗りしたカベと、
どのくらい違いがあるのか、
1度はぜひ見てもらいたいものです。
1546867008845_convert_20190611185626.jpg
専門でなくてもあの差は誰でも分かると思います。
見た目も大違い
触れても大違い
耐久性も大違い

とにかくその差は歴然なんですが、
その差をあまり重要視していないお客様が意外と
いらっしゃることに驚きます。

ここは下地処理と同じくらい、
とても大切な事なので忘れないでくださいね!




今度は鉄格子の塗装
1546867123780_convert_20190611185507.jpg
現代はアルミが主流ですが、
この家は築年数約45年、窓の格子は昔ながらの
鉄が使われています。
もちろんサビが発生していたので、
研磨をしてサビ止め、
鉄用ペンキでしっかり厚く塗りました。



屋上は4~5年前に他業者で防水工事をされたようで、
まだまだその防水がしっかりしていたので、
今回は保護材だけを塗り重ねることにしました。
1546867132014_convert_20190611185522.jpg
塗っているのは保護材を塗るための接着剤です。



前回はグリーンの保護材で仕上げられていましたが、
今回はグレーで仕上げます♪
1546867138189_convert_20190611185539.jpg
この保護材には遮熱効果もあるので、
この下に住む方々のクーラーの効き方も
変わってくると思います♪


他社でもお見積もり頼んでいたお客様。
「外壁塗装はやるつもりでいるが、
 屋根の防水は以前にやってある。
 でも専門から見てやり直す必要があるのかどうか
  判断してちょうだい」 
  
調査に来た営業マンにそう言ったそうです。
私にも同じ事をおっしゃっていました。

3社の営業マンがいてそれぞれが
「やりなおしたほうがいい」 との答え

対して私の答えは
「やり直す必要は無い。保護材を塗り重ねるだけで充分」

防水をやり直すかどうかの境目はどこにあるのでしょうか?

それ判断基準は、
1,その防水に弾力がどのくらい残っているか
2,どのくらいの厚みで施工されたものか
という2点

その営業マンたちは
何を見て、どこを調べて
高い費用を掛けて「やり直す必要がある」と答えたのでしょう?

おそらく判断基準なんてものはありません。
価格を上げられる可能性があるなら、
上げたいだけなのでしょう。

自分の成績のため、やる必要の無い高いプランで
工事をしている業者さんはたくさんいます。

営業マンが提案してきた内容をしっかり理解して、
腑に落ちない点はしっかり質問して、
納得いく返事を求めましょう。

お客様のお話を伺っていると、
マニュアル通りの知識しか無い営業マンの多さに驚かされます。
そしえそれと同じくらい、
自分達の利益しか考えていない業者の多さにも
驚かされます。

私ももちろん利益のことは考えています。
でもそれはお客様の為になる範囲での話し。
お客様にとってメリットの無い範囲で利益を出そうとは
全く思いません。

常にお客様のために… 

その気持ちで創業から今までずっとやってきました。
今ではたくさんのお客様に支えられるようになりました。
本当にありがとうございます!

そしてこれからもその気持ちを忘れず
頑張っていきます!


今日はちょっと気持ちが熱くなって
色々語っちゃいましたが、
次回は沖縄市のお客様、完成状況をお伝えしますので
また見てやってくださいませ~



ではまた♪
スポンサーサイト

沖縄市、外壁塗装 屋上防水工事

沖縄もすっかり
梅雨らしくなりましたね~





梅雨入りしたと思ったら
晴れ続きでしたが、最近雨ばかりですね。

こういう時期になると嫌なことがあります。


私塗装屋なんで、
仕事に影響が出る事だと思うでしょう?

違います(笑)
自宅での洗濯です(笑)

私の自宅での家事当番の中に、衣類洗濯があるんですが、
とにかく乾かなくなりますよね~

だからしょっちゅうコインランドリー乾燥機に走ってます(笑)

毎年梅雨時期になると
乾燥機が欲しくなる(笑)


さて、前回でうるま市の塗装防水工事は終えましたので、
今回から沖縄市の塗装防水工事をお伝えします!

築40年以上であちこちコンクリリートが剥がれ落ちて
鉄筋露出も見られます。
DSC05908_convert_20190611185236.jpg
年数的にも建て替えも検討という事でした。

でも建物の梁柱はしっかりしていたし、
金額的にもご自身で予想されていた範囲内だった事から、
工事が決定しました。



1Fは飲み屋さんで、夜になると営業されるので、
ご迷惑にならないように、
最大限の注意を払わなければなりませんでした。
DSC05910_convert_20190611185254.jpg
またその店舗と
同じくらい注意しないといけないのが、御近所様です。


特に今回は大きな音が出る下地処理の補修作業が
たくさんあるので、充分な声かけ、注意が必要でした。

御近所様のご理解・協力無しでは
スムーズな工事進行はあり得ません。

もしかすると当店が一番
気にしている事かもしれません。



40年以上蓄積されたコケや汚れを、
思い切り洗い流しました。
1542899127694_convert_20190611185317.jpg



同時に機械を使って、
コンクリートの痛んだ箇所を割っていきました。
1543498888185_convert_20190611185334.jpg
建物を長持ちさせるためには
とても重要な作業です!

力も使うし、機械重いし、ホコリだらけになるし…
いちばん大変ですが…(笑)




割った箇所は、
全てしっかり鉄筋のサビ下地処理を行ったあと
生コンを流し込んでキレイに作り直しです。
1543498919901_convert_20190611185351.jpg
これでまたしっかりした強度が保てます。



もちろんヒビ割れもしっかり補修です!
1546867021771_convert_20190611185406.jpg



今回はここまでです。


また次回からは塗装工程を
お伝えしますね♪




※現在当店の工事スケジュールについてですが、
 7月までの予定は埋まっている状態です。
 大変ありがとうございます(礼)
 よってこれから決定していく工事は
 8月からになりますので、それを踏まえた上で
 ご連絡くださいませ。
 「すぐにでも工事を頼みたい!」と
 考えてくださっていたお客様には
 少々待っていただくことになりますが、
 待っていただいてでも「頼んで良かった!」
 そう言っていただけるとと思います。
 
信頼を第一においている当店では
 下請け業者に頼まず、少ない人数で一件一件大切に
 工事を行っていますので、
 ぜひよろしくお願い致します。

うるま市 外壁塗装・防水工事完了です♪

うるま市外壁塗装・防水工事完了です!






沖縄県梅雨入りしたはずなのに、
晴れ続きです♪

うるま市の塗装・防水工事
まだ完了を迎えてませんでしたね

外壁塗装を終えたところまでは
お伝えしてたので、今回は防水工事です。
1537360735311_convert_20190522213524.jpg
以前に塗装がされた屋上スラブに
通常の防水用接着剤は良くないので、
専用の下地処理材を塗ります。

これでしっかり防水が密着します!


こういう状況に応じた判断を誤ると
使用する材料も間違えて、
せっかく防水しても剥がれてしまいます。

だから使用する材料選びは
とっても大切なんです!





次に下地処理完了後は
コーナー処理
1537360735510_convert_20190522213559.jpg
防水の亀裂が入りやすい角部に
補強を入れていきます。




それがちゃんと硬化したら
いよいよ防水材を塗っていきます。
1537360735654_convert_20190522213623.jpg
もちろん金ゴテで厚みに注意しながら、
しっかり塗っていきます。

写真にはありませんが、
ちゃんと2層重ねて塗りました。



その2層塗りした後日、
次は防水を紫外線から守るための保護材を
タップリ塗ります。
DSC05880_convert_20190522213648.jpg


最後の塗り重ねを終えて…
DSC05885_convert_20190522213727.jpg



完了です!
1537360736922_convert_20190522214002.jpg




庇上もキレイに仕上げました♪
1537360736874_convert_20190522214052.jpg




築40年以上の古家が
こんなに生まれ変わりました!
1537360535304_convert_20190522214115.jpg
手掛けた私たちも想像以上に
キレイに蘇り、とても満足いく仕上がりになりました♪



お客様もご夫婦で
とても喜んで下さいました♪
縺・k縺セ蟶ゅ€€蝟應ケ・アア讒論convert_20190522214527
喜久山様  私たちを選んでくださって、
誠にありがとうございました!

たくさん悩まれていましたが、
その大きな決断の工事を私どもに任せてくださった事、
職人一同とってもうれしく思い
喜んでおります。

これからどんどん想い出重ねて
いってくださいね~!




ではまた♪

防水塗装工事は必要?

あるお客様のお話…



先日あるお客様からお問い合わせのお電話を頂きました。

「自宅が築42年でヒビ割れも多くて、
 『専門業者の営業マンに早くしないと建物が崩れるますよ』と言われたんです。
 やっぱりやらないとダメでしょうか?
 見積もってみると金額も高額だし…


その話しぶりからとても心配しているのを感じました。

他にも色々話しを伺って、実際行って私も見てみることになりました。


直接お会いしてさらに詳しくお話を伺って、
建物を見せてもらいました。

なるほど確かに多数のヒビ割れが発生。
コンクリートが剥離して鉄筋が露出している箇所も…

全体的にコケ汚れも発生し、
お世辞にもキレイとは言えません。

でも梁・柱にはヒビ1つありません。
「打診」と言って専用ハンマーでコンクリートを叩いて
その音で中の状況がおおよそ判断できるんですが、
入念にそれをやってみても中も大丈夫そう…

私が調べた結果は
「建物が崩れる心配はナシ。
 だからと言ってすぐ工事する必要があるかと言えば
 そうとも言えない」


もちろん築40年も経ってるのですから、
やらないよりはやったほうがいいに決まっています。

でも価値観は人それぞれで、
築10年でペンキ塗り替え と考える人もいれば
30年経っても何も感じない人も居る。

雨漏れがする前に防水を考える人もいれば、
雨漏れがして初めて防水を考える人もいる。

あちこちコンクリートが落ちてきているのに
修繕工事をしない人もいれば
一箇所落ちただけで家が崩れる心配する人もいる。


まだまだ出てきますが、
要するにどれも正解でもなければ間違いでもありません。

ご自分の家をどれだけ持たせたいか?
どれだけ大切に思っているか?なんです。

極端な話し、お金を掛ければひどい状態からでも
新築のように蘇らせる事はできます。

「家が新築みたいに戻るなら300万円掛けて工事してもいい」
と言う人もいれば
「300万!?そんなに掛かるなら建直ししたほうがいい」
と言う人もいます。

どちらもご自身の価値観で決められる方が
後で後悔しません。

今回の記事で私が言いたいのは、
「営業マンの不安をあおるような発言に左右されず、
 ご自身で正しい決断をして欲しい」

と言うことです。


でも専門でもない人が判断するのは難しいと思うので、
建物状態を調べてもらうのは専門に任せて、
その金額と、その家をあとどれだけ持たせたいのか?
をご自身や御家族でしっかり考えてご決断ください。

でないとあとになって
こんなはずじゃなかった…

と後悔することになりかねませんよ。


ちなみに冒頭でお話しした
お問い合せのあったお客様は工事はしないと決断なさいました。

その理由は
・そのままでも、建物があと5年は大丈夫そうだと判断したから。
・あと5年以内には長男家族と同居のため、家を建直しすると決めたから

胸のつっかえが取れたようで
私が帰る際には、とても良い笑顔で見送ってくださいました。


皆さんも工事決定の際には
現状を良く考えて、数年先のことまでをよく考えて
ご判断くださいね。


ではまた♪

うるま市、外壁シリコン塗装です♪

時が経つのが早すぎる…





この春から中学生になったうちの長男
DSC07413_convert_20190421120023.jpg
生まれたあの瞬間、
初めて歩いたあの日、
初めての保育園泣きまくってたあの日、
初めて自転車乗れたあの日

どの時も昨日の事のようにハッキリ
思い出す事ができます。

その長男もあっという間に中学生。
いつの間にか奥さんとの身長差も無くなってきて、
ものすごく元気で健康に育ってくれてます!


これからスポーツに、勉強に、恋に
たくさんの青春を満喫して、
強くたくましくなってほしいですね~







さてうるま市のお客様ですが、
コンクリート修繕作業は完了したところまでは
お伝えしてますね

今回はその続きの「外壁シリコン塗装」を
お伝えします。


まず塗装する前に
しっかり洗浄作業を行ないます。
1537436692357_convert_20190421115027.jpg
今回の工事は、コンクリート劣化が激しかったため、
洗浄作業は後回しにしていたんです。

修繕作業で壁についたたくさんのホコリや
錆落としで飛散した鉄粉たちをしっかり
洗い流していきます!






洗浄の後日、建物の乾燥を確認出来たら、
いよいよ塗装作業開始です!

まずはシーラー吹き付け(下塗り)
1537360920700_convert_20190421115054.jpg
どれだけ下地をキレイにするか、
そしてこの下塗りをどれだけしっかりやるかで
ペンキの密着性は大きく変わりますので、
とっても大事な作業です。




シーラーが終わったら
次はラフトン吹き付け
1537360733871_convert_20190421115301.jpg
補修跡部分は
下地にあるツブツブ模様が消えてしまっているので
その模様合わせのために行なう作業です。




そして次にシリコン塗装中塗り
1537360734494_convert_20190421115124.jpg
何度もお伝えしていますが、
当店は徹底して手塗りで仕上げていきます!




機械で吹き付け塗装も出来ますが、
それではペンキの厚みを付けることが出来ません。
1537360734745_convert_20190421115150.jpg
ペンキをグレードを高いものにすれば
耐久性を高める事が出来ますが、
一番効果的なのは「ペンキの厚みを付ける事」です。


耐久性を高めるには…
A.一般的なペンキを厚く塗る   B.高級ペンキを薄く塗る

ではAが耐久性が高いのです!
1537360734796_convert_20190421115207.jpg
だから当店では、
中塗りも上塗りも全て手塗りなんです。
だから機械で行なう塗装に比べて
時間は掛かります。


だけどその違いは年を追う毎に
表れてきます。
1537360734922_convert_20190421115226.jpg
1年でも、1日でも長く良い状態が
長く続いて欲しいですからね!

そのために耐久性は欠かせません!





そしてシリコン塗装全て完了したのが
コチラです↓
1537360737047_convert_20190421115322.jpg
青空との組み合わせが
建物をさらにキレイに見せてくれます♪


これでまだまだこの家も
長持ちする事でしょう♪




残るは屋上の防水工事ですが、
それはまた次回お伝えしますので、
また見てやってくださいませ!


ではまた~♪

プロフィール

金さん

Author:金さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR